たんぱく質と足がつる原因

たんぱく質と足がつる原因

足がつる原因とたんぱく質不足は密接な関係性があります。ミネラルの補給が重要だと以前の記事で説明しましたが、実はこれらを全身に運ぶのがたんぱく質なのです。ミネラル摂取だけでは足がつる症状はなかなか改善できません。
・ 麺類や丼ものメニューが多い
・ 間食をよくするほうだ
・ お肉はあまり食べない

 

これらのチェック項目に当てはまる数が1つでもあると、たんぱく質不足が考えられます。十分栄養を摂取できているようでも、体の機能を保つ栄養素が不足しているのです。

 

@ 肉類
アミノ酸のバランスから考えると最適な食材です。必須アミノ酸を多く含み、少量でも補うことができます。1日の中で半分は動物性たんぱく質から摂取しましょう。

 

A 魚類
魚や貝類などもたんぱく質が多くなっています。毎日の食事で肉ばかりにならないよう注意し、バランスよく魚類も食べるようにしてください。

 

B
アミノ酸スコアが高くバランス栄養食品ともいわれています。コレステロールの上昇が気になる人も多いようですが、卵自体にもコレステロールを低下させる成分が含まれるため、病気がある方以外は特に数を制限しなくても大丈夫です。

 

C 大豆食品
畑の肉とも呼ばれるくらいたんぱく質が多くなっています。動物性の食品より効率は良くありませんが、ビタミンなども多いため半分は植物性のものにしましょう。